採用情報

社員紹介

システム本部第三システム部 職種:SE/PG 佐藤 中途 2006年入社
アプリコットに入社した経緯を教えてください
アプリコットに入社する前までは、パソコンの販売スタッフ、ウェブデザイン、C言語の講師、 オープン系システム開発など、いろいろな仕事を経験してきました。以前の会社は、勤務先が遠い上に残業が多く、土日出社も毎月のようにあったので、システム開発の業種から離れようかと思っていました。
しかし、顧客の要望に応えて開発したシステムが、実際に使われて喜ばれた時の感動を再び味わいたいと思い、無理なく仕事ができる会社を選ぼうと就職活動を進めこの会社と出会いました。
実際に入社してどうですか?
実際入社して、社名の通り皆さん温かく人と人が身近に感じ、困ったことや解らないことなど何でも相談しやすいアットホームな環境です。
どんな仕事をしていますか?
入社当初からJava関係の開発を希望していたので、いくつかのJavaのシステム開発に参加して、現在は官庁系システムのJavaアプリケーション開発を手がけ、実際に顧客先に訪問していろいろな府県に導入を行っています。
業務の内容は、設計書を作成してコーディングを行い、作ったプログラムのテストを行うという、ごく当たり前のことを行っていますが、システムの利用目的が特徴的な為、今まで経験したシステム開発にない、様々な技術を日々学んでいます。
また、どのシステム開発でも顧客のデータを取り扱うことが多いので、情報漏えいや個人情報の取扱いについては、慎重になる必要がありますが、アプリコットでは、プライバシーマークの認証を取得していますので、個人情報の取扱いについて入社後必然的に学ぶことになり、顧客先でも学習した知識を元に適切な対応を行い、信頼を得ることができました。
求職者の皆さんへ
プログラムをまだ書いたことの無い人は、この業界でやっていけるのか不安になっている人も多いかと思います。
その多くの人はプログラマを「分けの解らないコードを書いてコンピュータを動かす人」というイメージを持っていますが、実際の開発ではコードを書くより先に、日本語の文章で何を作るのかを設計書に書くことが重要になってきます。
設計書といえば、建築でも家を建てる前に間取りや材料を決めたりして図面を書きますが、システム開発でも同様に設計書が存在し、書き方も現場によっていろいろあります。
しかし書き方は専門的な知識がなくても、職場に出ればOJTで十分学ぶことが可能です。
心配ありません。解らなければ先輩社員に聞いてください。
聞くは一時の恥じ、聞かぬは一生の恥じです。
また、すでに開発の経験をお持ちの方はその経験を生かし、私達と共に可読性が高く顧客要望の変化に対応できる柔軟性を持った設計を実装し、顧客満足度の高いシステムを構築しましょう。

社員紹介TOPへ戻る

ページの先頭に戻る

  • 採用案内
  • Q&A
  • 新卒採用
    • 教育制度
    • 社員紹介
    • エントリーフォーム
  • キャリア採用
    • 社員紹介
    • エントリーフォーム
  • Q&A